車の塗装はすごく柔らかいんです。

 こんにちは、NOJ広島店です。
車の塗装の硬さってどのくらいご存じですか?

鉛筆の硬度で表記されます。
柔らかいものから6B~HB、F、H、2H~9Hと並んでます。鉛筆では9Hが一番硬い鉛筆です。
では、車の塗装はどのあたりになるのでしょうか?

これにも、国産車と外車で硬度が違っているのです。

国産車は、およそ1H~2Hと硬度です。
外車は、およそ2H~4Hと硬度です。

外車の方が塗装がいいと言われるのは塗装の硬さの違いから来ており、国産車に比べ硬さがあることからキズ付きにくいからです。

では、国産車が2Hなのですが、この硬さがどの程度なのかイメージが付かないと思います。
これは、およそ人の爪の硬さといわれている硬度です。

なので、爪とお車が接触してしまいますと、お互いに削れてしまいキズができてしまうのです。
ですので、お車の塗装は本当に柔らかいものなのです。

では、ガラスコーティングを施工したお車はどの程度の硬度になるかというと、施工したコーティング剤によって変わってきます。
多くのガラスコーティング剤は4H~9Hまでのものが多く。施工店によってさまざまです。
ですので、お車の硬度がどれくらいで、施工するコーティング剤の硬度はどれくらいなのかしっかりご確認ください。

NOJでは、さまざまなコーティング剤も扱ってますが、他では扱ってない硬度13Hのコーティングも施工することが可能です。
お車の駐車環境・走行頻度などを考えますと、硬度によって守るべきお車もあります。
ですので、さまざまなコーティング剤を扱えますNOJへご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。